フロンティアーズデザインハウス

ZEBとは/沖縄の住宅建築・デザイナーズハウス・ZEH・LCCM住宅

ZEBとは

ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)は、今後、基本とされていく建築物省エネ法に沿った建築基準です。

建築物(事務所、学校、病院、ホテル等)でのエネルギー消費を極力抑え、災害時でもエネルギー的に自立した建築物をして実現します。

年間で消費する建築物のエネルギー量を大幅に削減します。

目標

国の「エネルギー基本計画」において、実現・普及を目指し目標(※1)が設定されています。

※1 2020年までに新築公共建築物等でZEBを実現
2030年までに新築公共建築物の平均でZEBを実現

上記の目標を達成するために「ZEBロードマップ検討委員会(※4)」を設置し、以下を検討していきます。

  • 1: ZEBの定義・評価方法
  • 2: 実現可能性
  • 3: 普及方策

※4 学識有識者やデベロッパー・設計事務所・ゼネコンの担当者などが参加

ZEBの基準

ZEBにはいくつかの判断基準が設けられています。

名称 基準値からの削減率 基準値からの削減率
創エネ除く 創エネ含む
ZEB 50%以上かつ 100%以上
Nearly ZEB 50%以上かつ 75%~100%未満
ZEB Ready 50%以上かつ 50%~75%未満

※創エネ(再生可能エネルギーによる発電)は自家消費分及び余剰売電分に限る(設置場所は敷地内)
※計算方法は「建築物エネルギー消費性能基準等を定める省令(※2)」またはこれと同等の方法による計算で「その他負荷」を除き設計時で評価します。

※2 平成28年経済産業省・国土交通省省令第1号

フロンティアーズデザインハウス
(運営会社:有限会社フロンティアーズ)
〒904-2142 沖縄県沖縄市字登川828
098-934-6701
営業時間 9:00~17:00時まで
定休日:毎週日曜日
2010 - 2020 © フロンティアーズデザインハウス
ML Design