フロンティアーズデザインハウス

ZEH-Mプロジェクト/沖縄の住宅建築・デザイナーズハウス・ZEH・LCCM住宅

ZEH-Mプロジェクト

中長期でのZEH(ネット・ゼロエネルギー住宅)の定義や具体的な政策目標を明確にすることが不可欠であるとして、経済産業省資源エネルギー庁は「集合住宅におけるZEHの定義」(※1)を定め普及のため動き出しています。

フロンティアーズデザインハウス(運営:有限会社フロンティアーズ)では、国が推進する脱炭素化社会に向けた目標に従い、弊社が今後計画する建築物のZEH-M(ゼッチ・マンション)基準を満たすマンション開発を行って行きます。

※1「集合住宅におけるZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」を2018年5月に公表

当社のZEH-M推進計画

弊社は自社事務所を平成26年度「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金(※2)」において承認を受け実証事業を完了しました。(※3)

この実績を元に沖縄県内においてZEB化事業の推進を図ってきました。

その活動の中で、賃貸マンションの要望が多数あり、今回の申請に至りました。

中期計画として2025年に3棟36戸のZEHマンション(賃貸)を計画。
長期計画としては2030年までには10棟120戸のZEH-Mの建築を計画する事で集合住宅のZEH化を推進していきたい。

※2 ネット・ゼロエネルギー・ビル実現に向けた先進的エネルギー建築物実証事業-補正予算に係るもの
※3 平成27年7月10日付けSII270710-HZB-00060-K

ZEH-Mを普及させるメリット

日本政府が掲げる新築住宅の平均で、年間の1次エネルギー消費量がネットで概ねゼロとなるZEHの実現に向けた取り組みにも貢献して行きたい。

  • 建築主の資産価値の向上。
  • 居住者の快適性の向上を実現させる。
  • CO2排出の削減に繋げる。

ZEH-M建築予定: 沖縄県中部市内スマートリゾートタウン計画

ZEH-M(ZEHマンション計画 沖縄県 ZEH-M(ZEHマンション計画 沖縄県

  • 建築予定地:沖縄県
  • 延床面積:2,640㎡
  • 階数:2階
  • 住戸数:25戸
  • 竣工年月:2024年6月
  • 一次エネルギー削減率:創エネ含まず(30%)/創エネ含む(120%)

蓄電・創電

発電して電気を蓄える技術を活用し、エネルギー効率を最大限活用します。

断熱性能

断熱・遮熱技術や部品を導入し、外部から来るの熱の遮断レベルを高め、室内空間を快適にする技術を活かします。

災害に強い仕組みづくり

沖縄県では台風など災害のリスクがあるため、停電下でも自立できる物件を目指します。

フロンティアーズデザインハウス
(運営会社:有限会社フロンティアーズ)
〒904-2142 沖縄県沖縄市字登川828
098-934-6701
営業時間 9:00~17:00時まで
定休日:毎週日曜日
2010 - 2021 © フロンティアーズデザインハウス
ML Design